理事会

ジム連盟の活動を牽引する部署として、総会での議題作成・問題提起をおこない、1年間の目標を設定。常に日本のクライミングジムの未来を考えながら、時代に即した組織運営ができるように活動しています。

緊急事態宣言再発令を受けてのJCGAの対応について 2021.1.13 UP

クライミングジムオーナー、運営に当たる皆さまへ

令和3年1月8日、首都圏に緊急事態宣言が発令されました。(令和3年1月13日現在、7府県が対象地域として追加の見通し)「運動施設へは20時以降の営業時間短縮を協力依頼」という声明がでております。これに対する当連盟としての考えは次の通りです。

今回の緊急事態宣言の時短の働きかけに対するJCGAから各ジムへの要請は行うことはなく、各ジムの判断にお任せいたします。理由としましては

  1. これまでクライミングジムでクラスター発生の報告がないこと
  2. 対象範囲が全国ではなく特定地域に限定されていること
  3. 営業短縮に対する国や地方自治体の補償(協力金)が未定であること
  4.  

ただし今後の感染状況、緊急事態宣言の範囲、スポーツ施設への補填などに変更がありました場合は、再度検討の上皆さまにお伝えいたします。

皆さまにはこれまで以上に当連盟の推奨する新型コロナウイルス感染予防ガイドラインをご確認の上、ジム運営に当たっていだだきたいと思います。

 
クライミングジムをご利用いただくお客様へ

当連盟が推奨している新型コロナウイルス感染予防ガイドラインの内「お客様にお願いすること」(マスクの着用、手洗い、アルコール洗浄、2mのソーシャルディスタンス、店内での飲食・長時間・大声での会話への配慮など)を今まで以上に順守いただければと存じます。

ひとつのクライミングジムでもクラスターが起きれば、その影響は全国に波及します。幸いこれまでジムでのクラスター発生の報告はありません。今後も皆さまには安全に楽しくジムをご利用いただけるよう、ご協力のほど何卒よろしくお願い申し上げます。



緊急事態宣言の延長に関するJCGAの提言 2020.5.5 UP

5月4日、緊急事態宣言の5月31日までの延長が発表されました。大半のクライミングジムが休業をしているこの状況が長期化すれば、多くのクライミングジムが廃業・倒産することになるでしょう。

しかし、今営業を再開したとしても多くの集客は望めません。またそれによるクライミングジムと業界全体のイメージダウンは避けられません。

 

このような状況の中JCGAは、国へ陳情(家賃80%の補填)を5月中旬に提出する準備を進めつつ、全国のクライミングジムに対して次を提言します。

提言
  1. 1.2020年5月31日までの期間、都道府県より運動施設の休業要請が出ている地域のクライミングジムには休業を求める。

  2. 2.緊急事態宣言延長期間中に政府に対し陳情書を提出する。

  3. 3.上記陳情書による家賃補助、もしくは政府・都道府県による追加助成が出ない、もしくは不十分と判断した場合は、ジム営業をしかるべきタイミング(今後の状況を見て理事会で決定)で再開する。

  4. 4.再開にあたってはその時期と、新型コロナウイルス対策(資料「WITH コロナの状況下でのクライミングジム営業のガイダンス」に沿った対策)を可能な限り歩調を合わせて行う。

ジム同士が歩調を合わせることで、ユーザーであるクライマーの皆さんの理解、世論の同意、国への抗議活動としてのパワーが生まれます。また現在進行しているクライミングジム支援のためのクラウドファンディング(JMSCA 公益社団法人日本山岳・スポーツクライミング協会の協力を予定)から、この活動に賛同・参加するJCGA加盟ジムへの補填を実施する予定です。

是非ともこの提案に賛同いただき、一緒に行動することで力を合わせてこの状況を乗り切っていければと考えます。


資料


新型コロナウイルス 補償に関する陳情への賛同およびご署名のお願い 2020.4.28 UP

新型コロナウイルス感染拡大防止のための外出自粛や休業要請の影響で、多くの事業者が売上激減による存続の危機に直面しています。クライミングジム業界も例外ではありません。

そこで日本クライミングジム連盟は、固定費として事業者に重くのしかかる家賃の補填をもとめ、この窮状を国に訴えたいと考えています。

大好きなクライミングをより多くの人たちに楽しんでもらいたい。

クライミングに関わる仕事をして生きていきたい。

仲間と共に生涯スポーツとしてのクライミングを楽しみたい。

人生にとってとても大事なものとなったクライミングをこれからも続けたい。


再開に向けて耐え続けている全国のクライミングジムオーナーの方、自分たちのホームジムを守りたいと感じているジムユーザーの方、いつもクライミングをサポートしてくださっている事業者および団体の方々。そうした皆さんの強い想いを政府に届けます。

ぜひご賛同いただき、署名にご協力いただきますようお願い申し上げます。



陳情書の内容確認、署名はこちらから

第2回 新型コロナウイルスに関するアンケート 結果  2020.4.22 UP

今回も多くのジムにご回答いただきありがとうございました。結果を共有させていただきます。


資料ダウンロード

第2回 新型コロナウイルスに関するアンケート  2020.4.16 UP

クライミングジムを経営されている皆様

新型コロナウイルス(covid-19)の影響は各地で発令された緊急事態宣言によって新たな段階に入っています。4月7日に第1回アンケート結果を公表しましたが、JCGA内ではこの1週間に理事会と一般会員によるオンラインミーティングを開催し、アンケート結果を含めジム経営の防衛、維持に役立つ情報発信についても協議したところです。(こちらは別途公表します。)

また、クライミングファンや企業から支援申し出の連絡が届くなど、業界の窮状について社会的な認知を広げることに繋がっています。

ここで新たな局面に入ったジム業界の現状把握のために第2回アンケートを行います。

第2回アンケートフォーム

回答はJCGA加盟ジムに限らず日本国内で営業活動を行う全てのクライミングジムが対象となります。またジム単位(ジム名含む)での回答につきましては非公開とし、適正な管理を行うとともに情報の保護に努めます。

アンケートの集計結果は公開し、ジム業界維持のため広く活用していただきたいと考えます。ご協力の程宜しくお願い致します。


新型コロナウイルスに関するアンケート 結果  2020.4.7 UP

クライミングジムを経営されている皆様

先般は「新型コロナウイルスに関するアンケート」にご協力いただきありがとうございました。

非加盟のジムからも多数のご回答をいただき、現在業界がおかれている実態がうかがえる情報かと思います。ここに結果を共有させていただきます。

今後ともご協力の程、宜しくお願い致します。


資料ダウンロード

新型コロナウイルスに関するアンケート  2020.4.1 UP

クライミングジムを経営されている皆様

現在、日本国内でも新型コロナウイルス(covid-19)感染が拡大し、経済的な影響も広がっています。

先週末はいくつかの都道府県でも外出自粛要請が出され、休業や時間短縮営業などのご対応をされたジムも少なくはなかったと思います。

感染拡大を受けた今後の先行きは不透明で、収束の時期は現時点では全くみえていません。

この状況が今後も続いた場合に備え、融資の検討や、経営体制の見直しなど、様々な対策を検討されはじめたジム経営者も多いことと思います。

日本クライミングジム連盟(JCGA)では今回の新型コロナウィルスがクライミングジムの営業にあたえる影響に関するアンケートを開始します。ご回答はJCGA加盟ジムに限らず日本国内で営業活動を行う全てのクライミングジムが対象となります。

アンケートフォーム

このアンケートの集計結果は公開いたします。またジム単位(ジム名含む)での回答につきましては非公開とし、適正な管理を行うとともに情報の保護に努めます。

また、JCGAでは近日中に新型コロナウイルスに関するオンラインミーティングの開催を検討中です。これまで経験したことがなかった今回の危機に際し、ジム経営者の皆さんで意見交換ができればと考えています。詳細は決まり次第追って告知いたします。

ご協力の程、何卒宜しくお願い致します。


2018 ザ・フューチャーミーティングを開催  2018.8.30 UP

ジム連盟 ザ・フューチャーミーティング2018

2018年8月27日 開催

加盟ジム募集説明会から急遽変更して企画されたイベントでしたが、会員13ジム、未加盟3ジムの代表者にお集まりいただきました。

冒頭、田村理事長より活発な意見交換を期待する旨挨拶がありましたが、そのとおりに真剣な議論が展開されました。

特にボルダリング・インストラクターのあり方や育成に関すること、セッターの育成事業の内容などはジム連盟のみならず業界全体が抱えるテーマという事で議論も白熱し、中には非常に面白そうなアイデアも複数ありました。そして、こうした意見交換の場を定期的に設けて行くことに全員が賛同して幕を閉じました。

1.5時間という短い時間でしたが、多くのご意見と素晴らしいアイデアが出ましたので、今後とりまとめた上で理事会で検討してまいります。

慣れない進行のせいで上手く発言機会を回すことができませんでしたが、次回は改善致したいと思います。ご参加いただきありがとうございました。(記:山森)

2018 ザ・フューチャーミーティングのおしらせ  2018.8.23 UP

2018年度新規加盟ジムの募集は昨年同様に説明会の開催を予定していましたが、申し込みが少数のため理事会で個別に対応することになりました。よって8月27日(月)に予定していた説明会は中止します

代わりにザ・フューチャーミーティング と題し、加盟ジムが集って意見交換を行う討論会を開催します。


趣旨としては、JCGAの現在の課題やその対策、展望、この場で出たテーマをについて自由にディスカッションしていただくものです。また、参加ジム相互の交流の機会として親睦を深めていただきたいと考えています。

尚、このミーテングには現在加盟を検討されているジムも参加できます。事前の申し込みも不要ですのでお気軽に出席ください。

目的

JCGAは現在38社97ジムが加盟する業界団体となりましたが、これまで総会以外で多くのジムが集う機会はありませんでした。JCGAの活動の社会的意義が年々高まる中、これまで以上に加盟ジムどうしの連携をはかって組織力を高め、活動を活発化させていく必要があります。

そこでこのミーティングではJCGA加盟ジムの/代表者で現在の課題やその対策、展望などについて討議していただきます。連盟内でも度々議論される課題や、この場で出たテーマをについて自由にディスカッションしてください。討論結果やご意見はJCGA理事会に上げ検討します。

また今回は、参加ジム相互の交流の機会として親睦を深めていただきたいと考えています。

開催要項

期日 2018年 8月27日(月) 15:30 ~ 17:30

会場  八重洲ファーストビル 7階 (東京都中央区日本橋3 – 4 – 12 東京駅から徒歩2分)

参加資格  JCGA加盟ジム(正会員・準会員問わず)、加盟を検討しているジム(国内に限る)

出席いただきたい方 ジム代表者(経営責任者)もしくは店長など現場責任者(各ジム2名まで)

参加予定ジム ロッキー(田村/理事長)、パンプ(内藤/理事)、クラックス(木織/理事)、カランバ(徳永/理事)、ライノアンドバード(藤枝/理事)、ピラニア(山森/理事)


    プログラム
  • 理事長挨拶、趣旨説明(5分)
  • 参加ジム自己紹介(10分)
  • 委員会活動の説明とテーマ設定(10分)
  • フリーディスカッション(60分)
  • まとめ(5分)
  • 名刺交換、親睦会(20分)
    予定しているテーマ
  • ジムにおけるボルダリングインストラクターの在り方について
  • セッターの育成事業について
  • 業界団体としての将来像について

申し込み 参加は任意です。当日直接会場にお越しください。

    お問い合わせ先
  •  一般社団法人日本クライミングジム連盟 事務局(クライミングジムピラニア気付)
  •  TEL : 055-261-7621 担当 山森   メール : jimukyoku@jcga.co

資料ダウンロード

過去の活動・おしらせ
文書管理(会員限定)

メンバー

理事長 田村(ロッキー)
理事 綿引(エナジー)
理事 内藤(パンプ)
理事 中貝(ナカガイ)
理事 木織(クラックス)
理事 山森(ピラニア)
理事 藤枝(ライノアンドバード)
理事 加藤(エッジアンドソファ)
理事 柳瀬(ロックス)

活動実績

  
2020.5.5 緊急事態宣言の延長に関するJCGAの提言
2020.4.28 新型コロナウイルス 補償に関する陳情と署名について
2020.4.22 新型コロナウイルスに関する第2回アンケート結果
2020.4.16 新型コロナウイルスに関する第2回アンケート
2020.4.7 新型コロナウイルスに関するアンケート結果
2020.4.1 新型コロナウイルスに関するアンケート
2018.8.23 2018ザ・フューチャーミーティングを開催
2018.8.23 2018ザ・フューチャーミーティング要項を公示
2018.8.22 理事会開催
2018.7.31 2018年度新規加盟ジム募集要項を公示
2018.4.09 総会及び理事会開催
2018.3.05 理事会開催
2017.8.07 新規加盟ジム募集会を開催
2017.7.14 2017年度新規加盟ジム募集要項を公示
2017.7.10 臨時理事会開催
2017.4.3 総会及び理事会開催